葬儀での服装

知らないと困るような、知っておきたい葬儀の基本的なことについて紹介します。まず喪主や遺族の礼装についてですが、以前までは遺族や親族などの喪家側は、弔辞のときに正式礼装を着用するのが一般的でした。しかしこうした葬儀の服装も最近は変わってきており、男性は略礼装のブラックスーツを着て通夜や葬儀、告別式に臨むことが多くなっています。ダークスーツを着たり、勤務先から駆けつけるという場合もあります。このケースでは、ネクタイと靴下を黒に替えてお葬式に参加することができるようになっています。黒を基調とした服装にする、というのが葬儀では基本です。

男性はブラックスーツを着ますが、女性は洋装であれば黒や地味な色のアンサンブル、スーツ、ワンピースといった服装となります。和装は地味な色無地に黒帯のものです。自宅葬の場合は、女性は台所係の仕事をすることが多いので、エプロンを持っていくのが効果的です。男性と女性とで服装もこのように変わってくるので、葬儀を行う前に知っておくと役立つでしょう。

葬儀と告別式に参列する場合には、男性も女性も洋装の準礼装を着用するのが大きな特徴です。この準礼装がどんな服装なのかというと、正式礼装よりも流行を取り入れた今風のデザインになっているものです。遺族や親族の場合は、若い人が着ることも多いです。参列者では、故人とのつながりが深い人の場合は、準礼装にするとよいでしょう。

ブラックスーツやアンサンブルスーツといった服装で、派手すぎないもの、流行を取り入れたものを選ぶことができます。女性は、アクセサリーをつけることも構いません。ただ、涙を連想するような白のパールが基本です。一連ネックレスか一粒タイプのイヤリングがいいでしょう。黒のパールやブラックオニキス、黒珊瑚でも良いのですが、ピンクパールやダイヤといった少し派手目なものはしないようにする点に注意しましょう。これは、葬儀では基本となっていますのでしっかりと確認しておきましょう。このように知りたい情報をまとめているので、是非参考にしてみてください。