葬儀におけるお香典の金額の相場

葬儀では、お香典の金額の相場も大きく異なってきます。まず、お香典はなぜ葬儀の時に渡す必要があるのでしょうか。お線香や抹香といった故人にお供えするものが金銭に置き換えられて参列者から故人に贈ったことにあるからです。これは、古くから伝えられている供養の方法とも言われています。現代は、故人を偲び悼む想いもお香典によって表されているのが大きな特徴です。葬儀のお香典はただ送るだけではなく、いろいろな意味合いが込められているのです。

近所の人がなくなった時や家族がなくなった時に金銭的な負担も増えてきます。その時に、このお香典は一種の扶助的な役割を担ってくれるのが大きな特徴です。葬儀ではこのお香典が重要ですし、お香典の金額や相場はどれくらいなのか知っておくことが肝心です。お香典の金額は、渡す人によっても異なってきます。渡す人が祖父母であれば10,000円から30,000円です。おじ、おばといった親戚の関係は少しお香典が高くなるのが大きな特徴です。

親の場合は、50,000円から100,000円です。お香典の金額の相場は、高いと言えるのではないでしょうか。兄弟や姉妹の場合は30,000円から50,000円です。仕事関係の人や友人であれば3,000円から5,000円となっています。親しい人の場合は、お香典の金額が高くなりますが、仕事関係や友人の家族、近所の人であれば3,000円から5,000円が相場です。

葬儀の香典袋の表書きと注意点があります。香典袋は包む金額によって装丁の質も金額に合ったものにする必要があります。3,000円から5,000円くらいのものであれば、水引が印刷された略式の香典袋でも良いです。10,000円から20,000円は、水引がついているもので30,000円以上は高級な和紙が使用されているもので銀色の水引がよいでしょう。ポイントは、10,000円を超えるかどうかで水引が使用されているものにするか、印刷されているものにするか変わってくることです。ぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。