葬儀の種類

一般的に、葬儀と一口に言っても、その種類は多岐にわたります。近所や親友の葬儀に参加するという人は、基本的なことを知っておくことが肝心です。まず、葬儀にはどのような種類のものがあるのか知っておくと効果的でしょう。大きく分けて葬式の種類には一般葬と火葬、直葬、自宅葬、家族葬の5種類があります。一般葬と家族葬はよく似ている葬式方法ということもあり、どう違うのか気になるという人は多いです。それほど大きくは変わりませんが、参加人数が少人数でできるのが家族葬の大きな魅力です。

一般葬は、家族と面識のない人が参加することがあります。そうした人に故人に代わって参列いただいた感謝の気持ちを伝えるために一般葬は家族葬よりもしきたりやおもてなしの心が重視されるのが大きな特徴です。葬儀をしないのが火葬式の直葬です。直葬の他にも密葬というものもあり、通夜や告別式といった儀式を行わずに家族と親族で火葬のみをするのが火葬式です。火葬、直葬、密葬が火葬式です。この火葬式のメリットは、何と言っても葬儀にかかる費用を抑えることができるという点が挙げられます。精神的にも金銭的にも負担を減らして葬儀を行うことができるようになっています。

シンプルに安く費用を抑えた葬儀方法も最近では注目が集まっています。人気の葬儀スタイルもあり、費用が安くなるものもあります。あまり葬儀について知らないと、安く費用を抑えたけれどオプションなどをつけていると費用が高くなったということも多いです。大人数で行うタイプのものもあれば、少人数で行うお葬式もあるのが大きな特徴です。お葬式は、それぞれにメリットとデメリットがあるので両方を知っておくことが肝心です。院内搬送という言葉もありますが、こちらは、病室でお亡くなりになった人を霊安室まで連れていくというものです。病院と連携している葬儀社のスタッフが霊安室まで連れていってくれるのが大きな特徴です。知らない言葉もたくさん出てくるでしょうから、事前に確認しておくといいでしょう。